arrow-right cart chevron-down chevron-left chevron-right chevron-up close menu minus play plus search share user email pinterest facebook instagram snapchat tumblr twitter vimeo youtube subscribe dogecoin dwolla forbrugsforeningen litecoin amazon_payments american_express bitcoin cirrus discover fancy interac jcb master paypal stripe visa diners_club dankort maestro trash

SURF

WHERE WERE YOU?


WHERE WERE YOU?!
悪名高きボビー・マルチネスがコンペサーフから去った裏には...

READ MORE→

WHERE WERE YOU?


WHERE WERE YOU?!

悪名高きボビー・マルチネスがコンペサーフから去った裏には

2011年、ニューヨークで行われたASPクイックシルバープロにて、ラウンド2でボビーが対戦相手のビート・ダービッチと共にパドルアウトしている時、誰もその後に何か異変が起こることなど気づいていなかった。

私たちはボビーと新しいスポンサーFTWの関係性やサーフシーンに対する彼の気持ちをいくつか見落としていたのかもしれない。

この出来事は必然なのか偶然なのか?

 2011年のシーズン半ばにASPWCTの下位16人とQSトップ16位をミッドイヤーから入れ替え再編成を行う案件を発表した。これにボビーを含むたくさんの選手が不満をあらわしていた。同年すでに2つのイベントにわざと不参加するなどボビーなりにASPに対し「俺は縛られないぞ」と彼らしさを表現しているのだと私たちは思っていた。しかしそれはプロサーファーとして試合に出ている以上、許されない行為だったとも言える。

 我々が思うに

 アマチュア時代から彼は無敵だった。7度の全国制覇に加えそのまま2006年にワールドツアー入りし、ルーキーの年をなんと5位で締めくくった。海でも陸でも目立つアグレッシブさに加え、彼の武器であるバックサイドは私たちを虜にした。ボビーは4度CTイベントで勝利を収めているが、彼にとっては 「かんけーねー」の一言。しかしそれはサーフィンを違う面から見ている人たちに対していい印象を与えなかった。

知れば知るほど彼の虜に

ツアー側はボビーを選手として厳しく扱い、常に正そうとした。知っての通り彼は世界トップレベル。しかしサーフィンは自然相手のスポーであり、2011年のクイックプロ初ラウンドのようにクソ波でも試合は開始する。

初ラウンドを3位で終えルーザーズでビード・ダービッチ(体は大きいが小波もこなせる)と対戦することになった。接戦を経て勝ち上がったボビーは勝利者インタビューパネルに立った。だがマイクを持って待っていた熱狂的レポーターのトッド・クラインは少し混乱していた。なぜなら勝ったボビーから喜びの表情が一つも見えず、怒っているようにも見えた。その状況をトッドはこう語った「私たちがライブで勝利者インタビューを始めようとした時、ボビーの状態を見て短いCMを入れた。なぜならボビーの感情が体から溢れ怒っていたからだ。少し落ち着いてからインタビューを始めようと言ったが彼は今すぐ始めろ!と返答した」。それはサーフシーン史上最も生々しく、熱狂的なインタビューとし世界に刻まれ、あの有名な「テニスツアー」のフレーズが使われたインタビューであった。

彼は語った「俺はASPから罰金を食らうが、これが俺の最後の試合だし、そもそもスポンサーのFTWがニューヨークになかったらこの試合にも出てないから、最後に言わせてもらう。このアホなテニスツアーみたいなのに俺は居たくないってことだよ。だけどほかのプロサーファーはツアー中盤の切り捨てに賛成してて、どうやらテニスプレーヤーになりたいらしい。俺たちと戦う権利を持っていない下のランクの奴ら、ましては一度も俺らと戦ったことない連中なのに俺らは奴らにランク付けされている。なぜならQSランキングでは俺たちより100人も上にいるんだ(CT選手はQSに少ししかでない場合があるのでQS選手の方が上位に来ることがある)。QSランクごときでジャッジされるなんて、そんなのクソったれのデタラメだ! 俺はテニスが嫌いだ。このアホなコンテストをフォローする気は全くない。俺が言ってること理解してるかな? 最後にもう一回言うぞ! よく聞け! 俺はスポンサーのためだけにこの試合に出た。自分のためでもASPのためにでもない。ASP?あいつらはサーフィンをただ悪化させてるだけだ!」

ボビーから手は出なかったものの、彼の口からはたくさんのF’’’S‘’‘’ワードが連発し、インタビューワーのトッドはただただマイクをボビーに向けることしかできなかった。加えその言葉はライブを通し世界中へオンタイムで配信されてた。

 戸惑ったトッドの表情は今でも貴重だ。

 ASPがその状況にうまく対処できなかった事実に加え、ボビーを失格にし、次の対戦相手であるケリーを無条件でラウンド4へ昇格した。そして事情が収まる前にボビーはコンペサーフから引退することを発表した。

これからのサーフィンがどのようにあるべきなのかと考えた時に、この2011年の出来事が何か私たちに教えてくれるのではないかと思い今回取り上げた。実際にサーフィン業界はお金持ちや、部外者や、ビジネスマンに首を絞められて、サーファーとしての自由気ままな世界でなく、種目・競技として型にはめられてしまっているのは事実だ。

今になってボビーが発言した「テニスツアー」のフレーズが理解できるような気がする。

 あれから9年が経ち、ボビーの現在がとても気になるのは事実。

Text by : What Youth

Translated by : Taishi Kume

 

 下記は、この記事を翻訳してくれたプロフェッショナルサーファーの久米大志くんのコメントです。

 

レベルや環境は違うが自分も彼同様に幼少期からサーフィンを主とした生活をしている。プロとして試合に出ることはもちろんだし、楽しいし熱くなる。しかしその反面これがサーフィンという素晴らしいスポーツの本当にあるべき形なのかと疑問に思うのは事実だ。ボビーが我々に語りかけてたことをすごく理解できる。サーフィンが世界中でどんどんメジャーになっていく中、絶対にこのような問題や対立は避けられない。サーフィンの本質と種目・競技としての型を両立させるのは難しいと思う。もちろんこれからのオリンピックなどの新しい動きでもこういう場面がたくさん出てくると思う。サーフィンは自由なスポーツ。だから誰の考えをフォローするかなんて自由だ。ボビーに賛成なのか当時のASPに賛成なのか、それは自由で決して正しい答えはない。ただ組織や企業そしてスポンサーなどに選手やサーフィンの環境が悪化されず両立できるサーフシーンになっていくことを願っている

Comment by: Taishi Kume

                            

When Bobby Martinez paddled out for his 2nd round match up with Bede Durbidge in the 2011 Quik Pro in New York, there were no outward signs that anything unusual was about to happen. Well, perhaps his new sponsor, Fuck the World, or FTW as the hat and board lam proclaimed, may just have been something that we all overlooked at the time.

Was this moment somehow inevitable?

Back to 2011 and yes, Bobby was pissed, as were a lot of guys about the new proposal to have a mid-season re-shuffle of the ASP bottom 16, but we all thought at the time it was just Bobby being Bobby. Of course, however, he was on a bit of a roll after purposely missing two events earlier in the year, and the ASP probably had him on a pretty short rope by that time, but that was nothing unusual for pro surfing’s ultimate non-conformist.

Or so we thought.

As an amateur, Bobby Martinez won just about everything, including like seven national titles or something. He was destined for instant success on the world tour and in his rookie year in 2006 he fulfilled most expectations finishing #5 in the ASP year-end rankings, while also earning Rookie of the Year honors.

Yeah, he had a little ‘tude going but that’s why we loved him. That and his unmatched backside attack honed in the point surf of his Santa Barbara homeland. Bobby actually went on to win a few CT events like the Cold Water Classic at Steamers, Teahupo’o (twice) and Mundaka, (also twice), but it was his “no-fucks given” persona that gave Bobby the edge that resonated with those who simply saw surfing in a different way.

Well, Bobby was definitely your man if that was the case.

The more the tour tried to box him in, to get him in line with the program, the more Bobby pushed back. His surfing was at the highest level when the ocean cooperated, but as we know, there will be heats where old Mother Nature simply doesn’t show up and the first rounds of the Quik Pro was shaping up to be just that with small, gutless surf in the opening heats.

Bobby came third in his first heat and was sent to the losers round where he faced Bede, another large-framed surfer, but one that could still perform in smaller surf. It was a close heat, but Bobby squeaked out a win and proceeded to the interview podium for a few comments.

The ASP beach interview man that fateful day was a young, enthusiastic Todd Klein, who was waiting on the beach mic in hand unknowing of what was about to transpire.

Usually, when one wins a heat the mood is upbeat but for some reason Bobby just seemed irritable and Todd remembers it well. “We were just about to go live but they shot to a commercial break real quick and I remember Bobby being all amped up and even kinda angry. I asked him if he wanted to ‘take a minute to chill or whatever’, but he said ‘no, let’s do it.’

Well, when the camera went live it captured a moment that will lie forever in pro surfing folklore as the rawest post-heat interview ever given. The “tennis tour” reference becoming one for the ages.

Bobby pulled no punches nor did he leave many four-letter words out of his mainstage diatribe. All caught on camera live and broadcast over the big screens set up around the venue. Poor Todd wasn’t sure what to do so he just kept the mic in Bobby’s face and let him say what was on his mind.

The look on Todd’s face is priceless still to this day.

Well, obviously it didn’t sit well with the ASP brass and they pretty much DQ’d him on the spot giving Kelly, Bobby’s next round opponent, an easy stroll into round 4.

Before the dust could even settle, Bobby announced his retirement from competitive surfing and the rest is history.

We thought it appropriate that we revisited that day in 2011 as that moment happens to coincide somewhat with where the future of surfing is headed today. The tennis tour reference Bobby was making is in many ways a similar concern today that certain outside interests are having too big of a say over how surfing is portrayed, that the athletes should have more swing on things, etc.

Simply, is where this is going even about surfing anymore or just a means to an end in effort to bastardize surfing one more time?

Interestingly, now 9 years on, maybe Bobby was on to something.

What Youth